方法

Windows10バージョン21H2でセーフモードで起動する3つの方法

最終更新 2022年4月17日 セーフモード

セーフモード は、起動プロセス中に不要なドライバとプログラムを無効にする組み込みのトラブルシューティング機能です。 Windowsセーフモード Windows OSを起動するのに十分なだけの、最小限のシステムファイルとデバイスドライバのセットをオペレーティングシステムにロードします。セーフモードでは、スタートアッププログラム、アドオンなどは実行されません。私たちは通常 セーフモードで起動する 、問題のトラブルシューティングが必要な場合は、スタートアップの問題を修正します。これにより、不要なアプリケーションが干渉することなく、設定またはシステムエラーを分離し、ルートで修正できます。

さまざまな種類のセーフモード

Powered By 10BCapitalのPatelはテクノロジーにチャンスを見出しています 次の滞在を共有する

Windows 10には、選択できるセーフモードの種類がいくつかあるため、どれが必要かを知ることが重要です。 システム構成ユーティリティのセーフモード

    セーフモード:これは、すべての不要なプログラムを取り除き、選択したいくつかのファイルとドライバーのみを自動起動して基本システムを実行する基本バージョンです。他のコンピューターやデバイスとの接続など、多くの高度な機能は使用できません。これにより、ローカルネットワークを介して移動できる可能性のあるマルウェアからコンピューターをより安全にできます。ネットワーキングを使用したセーフモード:これは、ネットワークにアクセスするために必要なドライバーと機能を追加するモードです。安全性はそれほど高くありませんが、コンピュータが1台しかなく、オンラインでヘルプを探したり、他のデバイスへの接続が引き続き機能するかどうかを確認したりする必要がある場合に便利です。コマンドプロンプトを使用したセーフモード:このオプションは、Windows 10のすべてのバージョンで使用できるわけではありませんが、使用できる場合は、このモードに入ると、大きなコマンドプロンプト画面が表示されます。これは、よりひどく損傷したオペレーティングシステムや、知っている技術的な作業に適しています。 必要な正確なコマンドライン 問題を見つけたり、特定のサービスを開始したりします。

Windows10でセーフモードで起動する方法

WindowsXPおよびWindows7では、起動時にF8キーを押すだけで、セーフモードの起動オプションにアクセスできます。ただし、Windows 10では、PCの起動時にF8キーを押すだけで、セーフモードなどの高度な起動オプションを確認することはできません。すべてがWindows8および10で変更されました。ここでは、Windows10および8.1でセーフモードで起動するためのいくつかの異なる方法を共有しました。また、F8キーを押して、古いブートオプション画面に戻ります。

Windowsの起動に問題があり、通常のデスクトップにアクセスできず、セーフモードにアクセスして問題のトラブルシューティングを行う場合 このステップにジャンプします

システム構成ユーティリティの使用

Windowsを正常に起動できる場合は、システム構成オプションからセーフモードブートにアクセスできます。

  • Windows + Rを押して、次のように入力します msconfig システム構成ユーティリティを開いてOK
  • ここで、[システム構成]ウィンドウで、[ブート]タブをクリックし、[セーフブート]を選択します。

高度なオプションウィンドウ10

追加のオプションから選択できます

    最小限:最小限のドライバーとサービスでセーフモードを開始しますが、標準のWindows GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)を使用します。代替シェル:Windows GUIを使用せずに、コマンドプロンプトでセーフモードを開始します。高度なテキストコマンドの知識と、マウスなしでオペレーティングシステムをナビゲートする必要があります。Active Directoryの修復:ハードウェアモデルなどのマシン固有の情報にアクセスしてセーフモードを開始します。新しいハードウェアのインストールに失敗してActiveDirectoryが破損した場合、セーフモードを使用して、破損したデータを修復するか、ディレクトリに新しいデータを追加することで、システムの安定性を回復できます。通信網:標準のWindowsGUIを使用して、ネットワーキングに必要なサービスとドライバーを使用してセーフモードを開始します。
  • デフォルトでは、[最小]を選択し、[適用]をクリックします。
  • システム構成は再起動を要求します。
  • Windowsを再起動すると、次回の起動時にセーフモードで起動します。

セーフモードウィンドウを終了する方法10

トラブルシューティングの手順を実行した後、以下の手順に従ってください。 セーフモードウィンドウを残す10

  1. 通常のウィンドウで再度起動するには、を使用してシステム構成を開きます msconfig
  2. ブートタブに移動し、セーフブートオプションのチェックを外します。
  3. [適用]と[OK]をクリックして変更を保存し、ウィンドウを再起動して通常のウィンドウで起動します。

高度なスタートアップオプションの使用

これは、Windows 10をセーフモードで起動する最も簡単な方法です。Shiftキーを押しながら、[再起動]をクリックします。これにより、Windows10コンピューターが再起動して[高度なスタートアップオプション]が表示されます。選ぶ トラブルシューティング その後 高度なオプション。

また、から高度なスタートアップオプションにアクセスできます スタートメニュー、 クリック 設定 底の近く、それから 更新とセキュリティ 。選ぶ 回復 、 それから 高度なスタートアップ 。クリック スタートアップ設定 その後 今すぐ再起動 コンピュータが再起動すると、いくつかのオプションが表示されます。

あなたのコンピューターを修理する

起動に問題がある場合

起動に問題があり、それができない場合は、通常のウィンドウにログインしてください。トラブルシューティング手順を実行するためのアクセスセーフモードを探している場合は、インストールメディアが必要です。これにより、高度な起動オプションにアクセスしたり、セーフモードにアクセスしたりできます。インストールメディアがない場合は、 公式Windowsメディア作成ツール 。インストールDVDまたは起動可能なUSBの準備ができたら、それを挿入してインストールメディアから起動します。最初の画面をスキップし、次の画面でコンピュータの修復を選択します。下の画像に示すように。

Windows10のセーフモードタイプ

これにより、ウィンドウが再起動し、[トラブルシューティング]->[詳細オプション]->[スタートアップ設定]->[今すぐ再起動]を選択します。再起動後、これはいくつかの選択肢がある起動設定ウィンドウを表します。ここで4を押して、セーフモードで起動します。ネットワーキングを使用したセーフモードで再起動するには、「5」キーを押します。コマンドプロンプトでセーフモードで再起動するには、「6」キーを押します。 Windowsを再起動し、セーフモードでロードします

Windows10でF8セーフモードを有効にする

Windows10でF8セーフモードブートを有効にする

システム構成ユーティリティとWindowsの詳細オプションを使用してセーフモードで起動する方法を知った後でも、Windows 7、Vistaで使用される起動時にF8を使用して古い詳細起動オプションを探しています。以下の手順に従って、Windows10および8.1でF8セーフモードブートオプションを有効にします。

初め、 Windows10の起動可能なUSBフラッシュドライブまたはDVDを作成する 。そこから起動します(必要に応じてBIOS起動デバイスの設定を変更します)。 Windowsのインストール画面が開きます。[今すぐインストール]画面で[次へ]をクリックして最初の画面をスキップします。Shift+F10を押して、高度なコマンドプロンプトオプションを開きます。

次に、次のコマンドを入力します。 bcdedit /set{デフォルト}bootmenupolicyレガシー Enterキーを押して、コマンドを実行します。

exitと入力し、Enterキーを押して、コマンドプロンプトを終了します。これで、起動可能なWindows 10フラッシュドライブまたはDVDを取り外して、コンピューターの電源を切ることができます。次にPCを起動するときに、F8キーを押すと、Windows 7でかつて使用していた[詳細ブートオプション]メニューが表示されます。カーソルキーを使用して目的のモードを選択し、Enterキーを押します。

これらは、セーフモードブートオプションにアクセスするためのいくつかの異なる方法です。Windows10および8.1コンピューターでF8セーフモードブートを有効にします。この投稿を読んだ後、詳細オプション、システム構成を使用するか、F8セーフモードブートオプションを有効にすることで、セーフモードで簡単に起動できることを願っています。この投稿に関する質問や提案があれば、以下にコメントしてください。また、私たちのブログから読んでください