柔らかい

DISMエラーを修正14098コンポーネントストアが破損しています

ポストする最終更新日:2021年2月17日

DISM(Deployment Image Servicing and Management)は、ユーザーまたは管理者がWindowsデスクトップイメージをマウントおよびサービスするために使用できるコマンドラインツールです。 DISMを使用すると、ユーザーはWindowsの機能、パッケージ、ドライバーなどを変更または更新できます。DISMはWindows ADK(Windowsアセスメントおよび展開キット)の一部であり、MicrosoftのWebサイトから簡単にダウンロードできます。

DISMエラーを修正14098コンポーネントストアが破損しています

なぜDISMについて多くのことを話しているのかという質問に戻りますが、問題は、DISMツールの実行中にユーザーがエラーメッセージエラー:14098に直面していることです。コンポーネントストアが破損しているため、Windowsのいくつかの機能が破損しています。 DISMエラー14098の背後にある主な原因は、DISMも機能しないためにWindowsUpdateコンポーネントが破損していることです。

ユーザーは自分のPCを修正することができず、WindowsUpdateも同様に機能しません。これとは別に、いくつかの重要なWindows機能が機能しなくなり、ユーザーに悪夢を与えています。したがって、時間を無駄にすることなく、DISMエラーを修正する方法14098コンポーネントストアが以下のガイドの助けを借りて破損していることを確認しましょう。

コンテンツ[ 隠れる ]

DISMエラーを修正14098コンポーネントストアが破損しています

必ず 復元ポイントを作成する 何かがうまくいかない場合に備えて。

方法1:StartComponentCleanupコマンドを実行する

1.コマンドプロンプトを開きます。ユーザーは、を検索してこの手順を実行できます ‘cmd’ 次に、Enterキーを押します。

コマンドプロンプトを開きます。ユーザーは、「cmd」を検索してEnterキーを押すことにより、この手順を実行できます。

2.次のコマンドをcmdに入力し、Enterキーを押します。

Dism.exe / online / Cleanup-Image / StartComponentCleanup

DISM StartComponentCleanup | DISMエラーを修正14098コンポーネントストアが破損しています

3.コマンドが処理されるのを待ってから、PCを再起動します。

方法2:WindowsUpdateコンポーネントをリセットする

1.コマンドプロンプトを開きます。ユーザーは、を検索してこの手順を実行できます ‘cmd’ 次に、Enterキーを押します。

2. cmdに次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

ネットストップビット
ネットストップwuauserv
ネットストップappidsvc
ネットストップcryptsvc

WindowsUpdateサービスを停止しますwuauservcryptSvcビットmsiserver

3. qmgr * .datファイルを削除します。これを再度行うには、cmdを開いて次のように入力します。

Del%ALLUSERSPROFILE% Application Data Microsoft Network Downloader qmgr * .dat

4. cmdに次のように入力し、Enterキーを押します。

cd / d%windir% system32

BITSファイルとWindowsUpdateファイルを再登録します

5.再登録 BITSファイルとWindowsUpdateファイル 。次の各コマンドをcmdに個別に入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

regsvr32.exe atl.dll regsvr32.exe urlmon.dll regsvr32.exe mshtml.dll regsvr32.exe shdocvw.dll regsvr32.exe browseui.dll regsvr32.exe jscript.dll regsvr32.exe vbscript.dll regsvr32.exe scrrun.dll regsvr32.exe msxml.dll regsvr32.exe msxml3.dll regsvr32.exe msxml6.dll regsvr32.exe actxprxy.dll regsvr32.exe softpub.dll regsvr32.exe wintrust.dll regsvr32.exe dssenh.dll regsvr32.exe rsaenh.dll regsvr32.exe gpkcsp.dll regsvr32.exe sccbase.dll regsvr32.exe slbcsp.dll regsvr32.exe cryptdlg.dll regsvr32.exe oleaut32.dll regsvr32.exe ole32.dll regsvr32.exe shell32.dll regsvr32.exe initpki.dll regsvr32.exe wuapi.dll regsvr32.exe wuaueng.dll regsvr32.exe wuaueng1.dll regsvr32.exe wucltui.dll regsvr32.exe wups.dll regsvr32.exe wups2.dll regsvr32.exe wuweb.dll regsvr32.exe qmgr.dll regsvr32.exe qmgrprxy.dll regsvr32.exe wucltux.dll regsvr32.exe muweb.dll regsvr32.exe wuwebv.dll

6. Winsockをリセットするには:

netshwinsockリセット

netshwinsockリセット

7.BITSサービスとWindowsUpdateサービスをデフォルトのセキュリティ記述子にリセットします。

sc.exe sdsetビットD:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)

sc.exe sdset wuauserv D:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)

8.WindowsUpdateサービスを再度開始します。

ネットスタートビット
ネットスタートwuauserv
ネットスタートappidsvc
ネットスタートcryptsvc

ローカル ユーザー と グループ アクセス が 拒否 され まし た

WindowsUpdateサービスを開始するwuauservcryptSvcビットmsiserver| DISMエラーを修正14098コンポーネントストアが破損しています

9.最新のものをインストールします WindowsUpdateエージェント。

10. PCを再起動して、できるかどうかを確認します DISMエラー14098コンポーネントストアが破損しているエラーを修正しました。

おすすめされた:

成功したのはそれだけです DISMエラー14098コンポーネントストアが破損しているエラーを修正 ただし、この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションでお気軽に質問してください。

アディティアファラッド

Adityaは、自発的な情報技術の専門家であり、過去7年間テクニカルライターを務めています。彼は、インターネットサービス、モバイル、Windows、ソフトウェア、およびハウツーガイドをカバーしています。