柔らかい

セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

ポストする最終更新日:2021年2月17日

ユーザーから、Windows 10がブルースクリーンに読み込まれ、[セキュリティオプションの準備中]と表示され、キーボードを使用できなくなり、その画面でスタックするという新しい問題が報告されています。この問題にはWindows7にまでさかのぼる歴史がありますが、ありがたいことに、この問題を修正しているように見える解決策がかなりあります。通常、Windows 10のセキュリティオプションの準備エラーメッセージは、ウェルカムまたはログオフ画面に表示されます。

セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

このエラーメッセージの特別な原因はありません。ウイルスの問題であると言う人もいれば、ハードウェアの問題であると言う人もいますが、障害が最後にあるため、Microsoftがこの問題を認識していないことは確かです。したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドの助けを借りて、セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正する方法を見てみましょう。

コンテンツ[ 隠れる ]

セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

ノート: 続行する前に、必ずすべての外部USBデバイスを取り外してください。また、 復元ポイントを作成する 何かがうまくいかない場合に備えて。

方法1:システムの復元を実行する

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します sysdm.cpl 次にEnterキーを押します。

システムプロパティsysdm|セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

2.を選択します システム保護 タブをクリックして選択します システムの復元。

システムプロパティでのシステムの復元

3. [次へ]をクリックして、目的のファイルを選択します システムの復元ポイント

システムの復元

4.画面の指示に従って、システムの復元を完了します。

5.再起動後、次のことができる場合があります セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正します。

方法2:最近インストールした更新を手動でアンインストールする

1.Windowsキー+Iを押して設定を開き、をクリックします 更新とセキュリティ。

Windowsキー+Iを押して[設定]を開き、[更新とセキュリティ]アイコンをクリックします

2.左側から、を選択します Windows Update 次に、をクリックします インストールされた更新履歴を表示する

左側から[WindowsUpdate]を選択し、[インストールされた更新履歴の表示]をクリックします

3.次にクリックします アップデートをアンインストールします 次の画面で。

更新履歴の表示の下にある[更新のアンインストール]をクリックします

4.最後に、最近インストールされた更新のリストから、をダブルクリックします。 それをアンインストールするための最新のアップデート。

問題を修正するために特定のアップデートをアンインストールする|セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

5. PCを再起動して、変更を保存します。

方法3:高速起動を無効にする

1.Windowsキー+Rを押してから、controlと入力し、Enterキーを押して開きます コントロールパネル。

コントロールパネル

2.をクリックします ハードウェアとサウンド 次に、をクリックします 電源オプション

電源オプションをクリックします

3.次に、左側のウィンドウペインから[ 電源ボタンの機能を選択します。

左上の列にある電源ボタンの機能を選択をクリックします

4.次にクリックします 現在利用できない設定を変更します。

現在利用できない設定の変更をクリックします

5.チェックを外します 高速起動をオンにする [変更を保存]をクリックします。

[高速スタートアップをオンにする]のチェックを外し、[変更を保存]をクリックします

方法4:SFCとCHKDSKを実行する

1.コマンドプロンプトを開きます。ユーザーは、を検索してこの手順を実行できます ‘cmd’ 次に、Enterキーを押します。

コマンドプロンプトを開きます。ユーザーは、「cmd」を検索してEnterキーを押すことにより、この手順を実行できます。

2.次に、cmdに次のように入力し、Enterキーを押します。

Sfc /scannow sfc /scannow /offbootdir=c: /offwindir=c:windows

SFCscannowコマンドプロンプト|セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。

4.次に、実行します ファイルシステムエラーを修正するCHKDSK

5.上記のプロセスを完了させ、PCを再起動して変更を保存します。

方法5:自動/起動修復を実行する

1. Windows 10ブータブルインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。

2. CDまたはDVDから起動するために任意のキーを押すように求められたら、続行するには任意のキーを押します。

CDまたはDVDから起動するには、任意のキーを押します

3.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 [修復]をクリックします 左下にあるコンピュータ。

あなたのコンピューターを修理する

4.オプション画面の選択で、をクリックします トラブルシューティング

Windows10の自動起動修復でオプションを選択します

5.トラブルシューティング画面で、をクリックします。 高度なオプション

トラブルシューティング画面から詳細オプションを選択します

6. [詳細オプション]画面で、[ 自動修復またはスタートアップ修復

自動修復を実行します

7.まで待ちます Windowsの自動/起動時の修復 完了。

8.再起動すると、正常に完了します セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正します。

また読む: 自動修復を修正する方法は、PCを修復できませんでした。

方法6:BCDを再構築する

1.上記の方法を使用して、Windowsインストールディスクを使用してコマンドプロンプトを開きます。

詳細オプションからのコマンドプロンプト|セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

lol ロード 遅い

2.次に、次のコマンドを1つずつ入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

bootrec.exe /FixMbr bootrec.exe /FixBoot bootrec.exe /RebuildBcd

bootrec restartbcd fixmbr fixboot

3.上記のコマンドが失敗した場合は、cmdに次のコマンドを入力します。

bcdedit /export C:BCD_Backup c: cd boot attrib bcd -s -h -r ren c:ootcd bcd.old bootrec /RebuildBcd

bcdeditバックアップしてからbcdbootrecを再構築します

4.最後に、cmdを終了し、Windowsを再起動します。

5.この方法は セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正 しかし、それがうまくいかない場合は、続行してください。

方法7:WindowsUpdateサービスを再起動します

1.を使用してPCをセーフモードで起動します リストされているメソッドのいずれか。

2.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します services.msc Enterキーを押します。

サービスウィンドウ

3.次のサービスを見つけます。

バックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)
暗号化サービス
Windows Update
MSIインストール

4.それぞれを右クリックして、[プロパティ]を選択します。彼らの スタートアップの種類 に設定されています A utomatic。

スタートアップの種類が自動に設定されていることを確認してください。

5.上記のサービスのいずれかが停止している場合は、必ずクリックしてください [サービスステータス]で開始します。

6.次に、Windows Updateサービスを右クリックして、[ 再起動。

Windows Updateサービスを右クリックし、[再起動]、[再起動]の順に選択します。セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

7. [適用]、[OK]の順にクリックし、PCを再起動して変更を保存します。

あなたができるかどうかを確認してください セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正します。 そうでない場合は、次の方法に進みます。

方法8:CredentialManagerサービスを無効にする

1.を使用してPCをセーフモードで起動します リストされているメソッドのいずれか。

2.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します services.msc Enterキーを押します。

サービスウィンドウ

3.右クリックします クレデンシャルマネージャーサービス 次に、 プロパティ。

Credential Managerサービスを右クリックし、[プロパティ]を選択します

4.を設定します スタートアップの種類無効 ドロップダウンから。

CredentialManagerサービスのドロップダウンから[スタートアップの種類]を[無効]に設定します

5. [適用]、[OK]の順にクリックします。

6. PCを再起動して、変更を保存します。

方法9:SoftawareDistributionの名前を変更します

1.を使用してセーフモードで起動します リストされた方法のいずれか 次に、Windowsキー+ Xを押して、 コマンドプロンプト(管理者)。

2.次に、次のコマンドを入力してWindows Updateサービスを停止し、それぞれの後にEnterキーを押します。

ネットストップwuauserv
ネットストップcryptSvc
ネットストップビット
ネットストップmsiserver

WindowsUpdateサービスを停止しますwuauservcryptSvcビットmsiserver

3.次に、次のコマンドを入力してSoftwareDistribution Folderの名前を変更し、Enterキーを押します。

ren C: Windows SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
ren C: Windows System32 catroot2 catroot2.old

SoftwareDistributionフォルダーの名前を変更する|セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正

4.最後に、次のコマンドを入力してWindows Update Servicesを起動し、それぞれの後にEnterキーを押します。

ネットスタートwuauserv
ネットスタートcryptSvc
ネットスタートビット
ネットスタートmsiserver

WindowsUpdateサービスを開始しますwuauservcryptSvcビットmsiserver

5. PCを再起動して変更を保存し、できるかどうかを確認します セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正します。

方法10:Windows10をリセットする

1.起動するまでPCを数回再起動します 自動修復。

Windows10の自動起動修復でオプションを選択します

2.を選択します トラブルシューティング>このPCをリセット>すべてを削除します。

ファイルを保持するオプションを選択し、[次へ]をクリックします

3.次の手順では、Windows 10インストールメディアを挿入するように求められる場合があるため、準備ができていることを確認してください。

4.次に、Windowsのバージョンを選択し、Windowsがインストールされているドライブのみをクリックします> ファイルを削除します。

Windowsがインストールされているドライブのみをクリックします

5.をクリックします リセットボタン。

6.画面の指示に従って、リセットを完了します。

おすすめされた:

成功したのはそれだけです セキュリティオプションの準備でスタックしているWindows10を修正 ただし、この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションでお気軽に質問してください。

アディティアファラッド

Adityaは、自発的な情報技術の専門家であり、過去7年間テクニカルライターを務めています。彼は、インターネットサービス、モバイル、Windows、ソフトウェア、およびハウツーガイドをカバーしています。