柔らかい

Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかった問題を修正

ポストする最終更新日:2021年2月17日

Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかった問題を修正します。 管理者以外のアカウントにログインしようとしたときに上記のエラーが発生した場合は、この問題を修正する方法について説明するため、適切な場所にいます。エラーは、管理者以外のユーザーをWindowsにログインしようとしたときに、グループポリシークライアントサービスが失敗したことを明確に示しています。管理者アカウントを使用している間、そのようなエラーはなく、ユーザーはWindows10に簡単にログインできます。

Windowsを修正できませんでした

標準ユーザーがWindowsにログインしようとするとすぐに、Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できませんでしたというエラーメッセージが表示されます。システム管理者にご相談ください。管理者はシステムにログインしてイベントログを表示し、エラーをよりよく理解できるため、システム管理者に相談することを明確に示しています。

主な問題は、標準ユーザーがログインしようとしたときにグループポリシークライアントサービスが実行されていないため、エラーメッセージが表示されているようです。管理者はシステムにログインできますが、通知に「Windowsサービスへの接続に失敗しました」というエラーメッセージも表示されます。 Windowsはgpsvcサービスに接続できませんでした。この問題により、標準ユーザーはサインインできなくなります。時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、Windowsがグループポリシークライアントサービスエラーに接続できなかった問題を実際に修正する方法を見てみましょう。

コンテンツ[ 隠れる ]

Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかった問題を修正

必ず 復元ポイントを作成する 何かがうまくいかない場合に備えて。

方法1:グループポリシークライアントサービスを自動に設定する

でログインしていることを確認してください 管理者アカウント 以下の変更を行うために。

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します services.msc Enterキーを押します。

サービスウィンドウ

2.検索 グループポリシークライアントサービス 次に、右クリックして選択します 止まる。

3.それをダブルクリックして、 スタートアップの種類 に設定されています 自動。

グループポリシークライアントサービスのスタートアップの種類を[自動]に設定し、[開始]をクリックします

4.次に、をクリックします 始める サービスを再開するため。

5.[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6. PCを再起動すると、これにより 修正Windowsがグループポリシークライアントサービスエラーに接続できませんでした。

方法2:システムの復元を試す

1.Windowsキー+Rを押して、 sysdm.cpl 次にEnterキーを押します。

システムプロパティsysdm

2.選択 システム保護 タブをクリックして選択します システムの復元。

システムプロパティでのシステムの復元

3. [次へ]をクリックして、目的のファイルを選択します システムの復元ポイント

システムの復元

android exe 起動アプリ

4.画面の指示に従って、システムの復元を完了します。

5.再起動後、次のことができる場合があります 修正Windowsがグループポリシークライアントサービスエラーに接続できませんでした。

方法3:SFCとDISMを実行する

1.Windowsキー+Xを押してから、をクリックします コマンドプロンプト(管理者)。

管理者権限を持つコマンドプロンプト

2.次に、cmdに次のように入力し、Enterキーを押します。

Sfc /scannow sfc /scannow /offbootdir=c: /offwindir=c:windows (If above fails then try this one)

SFCscannowコマンドプロンプト

3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。

4.もう一度cmdを開き、次のコマンドを入力して、それぞれの後にEnterキーを押します。

a) Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth b) Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth c) Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

DISMは健康システムを回復します

5. DISMコマンドを実行し、終了するのを待ちます。

6.上記のコマンドが機能しない場合は、以下を試してください。

Dism /Image:C:offline /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:c:	estmountwindows Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:c:	estmountwindows /LimitAccess

ノート: C: RepairSource Windowsを修復ソースの場所(Windowsインストールまたはリカバリディスク)に置き換えます。

7. PCを再起動して変更を保存し、できるかどうかを確認します 修正Windowsがグループポリシークライアントサービスエラーに接続できませんでした。

方法4:WindowsUpdate設定を開くことができない場合

1.Windowsキー+Xを押してから、 コマンドプロンプト(管理者)。

2.次のコマンドをcmdに入力し、Enterキーを押します。

netsh winsock reset netsh winsock repair

netshwinsockリセット

3. PCを再起動して変更を保存すると、エラーが解決されます。

方法5:高速起動をオフにする

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します powercfg.cpl Enterキーを押して、電源オプションを開きます。

2.をクリックします 電源ボタンの機能を選択してください 左上の列にあります。

電源ボタンが認識されない修正を使用するものを選択します

3.次に、[現在利用できない設定の変更]をクリックします。

四。 [高速スタートアップをオンにする]のチェックを外します シャットダウン設定の下。

[高速起動をオンにする]のチェックを外します

5.[変更を保存]をクリックして、PCを再起動します。

この解決策は役立つようであり、 修正Windowsがグループポリシークライアントサービスエラーに接続できませんでした。

方法6:レジストリの修正

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します regedit Enterキーを押して、レジストリエディタを開きます。

コマンドregeditを実行します

2.次に、レジストリエディタで次のキーに移動します。

ComputerHKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServicesgpsvc

3.次に、の値を見つけます imagepathキー そしてそのデータをチェックします。私たちの場合、そのデータは svchost.exe-knetsvcs。

gpsvcに移動し、ImagePathの値を見つけます

4.これは、上記のデータが担当していることを意味します gpsvcサービス。

5.次に、レジストリエディタで次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionSvcHost

SvcHostの下でnetsvcsを見つけて、それをダブルクリックします

6.右側のウィンドウペイン netsvcsを見つけます 次に、それをダブルクリックします。

7.を確認します 値データフィールド gpsvcが欠落していないことを確認してください。そこにない場合は gpsvc値を追加します 他に何も削除したくないので、そうする際には十分注意してください。 [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

手動で追加しない場合は、gpsvcがnetsvcsに存在することを確認してください

8.次に、次のフォルダに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionSvcHost
etsvcs

(これは、SvcHostの下にあるキーとは異なり、左側のウィンドウペインのSvcHostフォルダーの下にあります)

9.netsvcsフォルダーがSvcHostフォルダーの下にない場合は、手動で作成する必要があります。これを行うには、右クリックします SvcHostフォルダー を選択します 新規>キー 。次に、新しいキーの名前としてnetsvcsと入力します。

SvcHostで右クリックし、[新規]を選択して、[キー]をクリックします

10. SvcHostの下に作成したnetsvcsフォルダーを選択し、左側のウィンドウペインで右クリックして選択します 新規>DWORD(32ビット)値

netsvcsで右クリックし、[新規]、[DWORD32ビット値]の順に選択します。

11.新しいDWORDの名前を次のように入力します CoInitializeSecurityParam それをダブルクリックします。

12.値データを1に設定し、[OK]をクリックして変更を保存します。

値1の新しいDWORDcolnitializeSecurityParamを作成します

13.次に、同様に次の3つのDWORD(32ビット)を作成します。 netsvcsフォルダーの下の値 以下に指定するように値データを入力します。

Name of the DWORD Value Data CoInitializeSecurityAllowLowBox: 1 CoInitializeSecurityAllowInteractiveUsers: 1 AuthenticationCapabilities: 3020

CoInitializeSecurityAllowInteractiveUsers

14.それぞれの値を設定したら、[OK]をクリックして、レジストリエディタを閉じます。

方法7:レジストリ修正2

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します regedit Enterキーを押して、レジストリエディタを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE SYSTEM CurrentControlSet Services gpsvc

gpsvcに移動し、ImagePathの値を見つけます

3.上記のキーがその場所にあることを確認してから続行します。

4.次のキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Microsoft Windows NT CurrentVersion Svchost

5. Svchostを右クリックして、 新規>マルチ文字列値。

SvcHostフォルダーを右クリックし、[新規]を選択して、[マルチ文字列値]をクリックします。

6.この新しい文字列に名前を付けます GPSvcGroup 次に、それをダブルクリックして値をに変更します GPSvc OKを押します。

GPSvcGroupマルチ文字列キーをダブルクリックし、値データフィールドにGPSvcと入力します

7.もう一度Svchostを右クリックして、 新規>キー。

SvcHostで右クリックし、[新規]を選択して、[キー]をクリックします

8.このキーに名前を付けます GPSvcGroup Enterキーを押します。

9.次に右クリックします GPSvcGroup [新規]>[DWORD(32ビット)値]を選択します。

GPSvcGroupを右クリックし、[新規]、[DWORD(32ビット)値]の順に選択します。

10.これに名前を付けます DWORD なので AuthenticationCapabilities ダブルクリックして値をに変更します 12320 (10進基数を使用していることを確認してください)。

このDWORDにAuthenticationCapabilitiesという名前を付け、ダブルクリックして変更します

11.同様に、新しいものを作成します DWORD と呼ばれる ColnitializeSecurityParam 値をに変更します 1

12.レジストリエディタを閉じて、PCを再起動します。

あなたにおすすめ:

それだけです、あなたは成功しました Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったエラーを修正する ただし、このガイドに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションでお気軽に質問してください。

アディティアファラッド

Adityaは、自発的な情報技術の専門家であり、過去7年間テクニカルライターを務めています。彼は、インターネットサービス、モバイル、Windows、ソフトウェア、およびハウツーガイドをカバーしています。