柔らかい

Windows 10、Mac、iPhoneでiCloudをセットアップする手順

問題を排除するために楽器を試してください





最終更新 2022年4月17日 Windows10でiCloudをセットアップする 0

すべてのiPhoneユーザーは知っておく必要があります iCloud 、Appleのリモートストレージおよびクラウドコンピューティングサービス。オンラインで入手できる場所ならどこからでも写真、連絡先、メール、ブックマーク、ドキュメントにアクセスできます。 Appleを初めて使用する場合

iCloudは、写真、ドキュメント、映画、音楽などをAppleデバイス間で保存および同期するように設計されたクラウドベースのストレージサービスです。つまり、iPhoneで連絡先情報を更新すると、変更はすべてのMac、iPad、iPod touchデバイス(同じiCloud IDにログインしているすべてのAppleデバイス)にプッシュされます。





ノート:

  • iCloudにサインアップするには、AppleIDが必要です。お持ちでない場合は、作成時に作成できます サインアップ
  • iCloudには5GBの無料iCloudストレージが付属しています。少額の月額料金でより多くのストレージにアップグレードできます

これは非常に便利で、かなりけちなストレージ割り当てで管理できる場合は、iPhone、iPad、Apple TV、Mac、さらにはWindowsPCを持っている人なら誰でも利用できる無料のサービスセットです。この投稿では、Apple IDとiCloudアカウントにサインアップする方法、iCloudを一般的にアクティブ化する方法、特に特定のiCloudサービスについて説明します。



AppleIDを作成する方法。

基本的に、iCloudアカウントはAppleIDに基づいています。したがって、Apple IDをまだ取得していない場合は、作成する必要があります。すでにAppleIDをお持ちの場合は、次のセクションに進んでください。

注:Apple IDにサインアップするには、iPadまたはiPadで、デバイスのセットアッププロセスの一部として、または任意のデバイスのブラウザでいつでも2つの方法があります。



新しいiPadまたは新しいiPhoneをセットアップする場合、最も簡単なオプションは、その場でAppleIDを作成することです。セットアップ中の適切なタイミングで、[Apple IDを持っていないか忘れていない]をタップし、[ 無料のAppleIDを作成する ‘。次に、詳細を入力します。

ただし、Apple IDを作成するために、Appleデバイスを使用している必要はなく、Appleデバイスを所有している必要もありません。好奇心旺盛なWindowsまたはLinuxユーザーでも、誰でもアカウントを作成できます。 AppleのWebサイトのIDセクションにアクセスし、右上にある[Create YourAppleID]をクリックするだけです。詳細については、Appleの公式ウェブサイトをご覧ください AppleIDを作成します。



Windows10でiCloudDriveをセットアップして使用する方法

  • まず、Appleの公式サイトにアクセスしてiCloudforWindowsをダウンロードします ここ
  • セットアップを実行し、パッケージをインストールするための指示に従います
  • ライセンス契約に同意する
  • プロンプトが表示されたら再起動します
  • 同じものを使用してiCloudにサインインします AppleIDのユーザー名パスワード Appleデバイスで使用します。

サインインiCloud

同期するものを選択します

iCloud for Windowsには、同期する対象に関するさまざまなオプションが用意されています。同期したくない場合もあります。使用するiCloudサービスを選択します:iCloudドライブ、写真共有、メール/連絡先/カレンダー、およびサファリからInternetExplorerに同期するインターネットブックマーク 申し込み ボタン。

wsappx(2)

注:ここで重要なのは、[写真]にチェックマークを付けた場合は、[オプション]をクリックし、[PCから新しいビデオと写真をアップロードする]チェックボックスをオフにします。

iCloudと同期するものを選択します

iPhone、iPadでiCloudをオンにする

Appleは常に、iCloudサービスを使用するデバイスがそれぞれのOSの最新バージョンを実行していることを確認するようにアドバイスしています。したがって、新品のiPhoneをお持ちの場合は、心配する必要はありません。ただし、箱に入れられてからいくつかのバグ修正がリリースされているかどうかを確認する価値はあります。 iPhoneでアップデートを確認するには、[設定]>[一般]>[ソフトウェアアップデート]を開きます。

これで、iCloudのセットアップが簡単になりました。AppleIDにサインアップする場合と同様に、これはAppleデバイスのセットアッププロセス中に、または後でオプションを最初に拒否した場合に実行できます。

iPhoneまたはiPadのセットアッププロセスの途中で、iOSはiCloudを使用するかどうかを尋ねます。 (「iCloudを使用する」と「iCloudを使用しない」というわかりやすいオプションが表示されます。)「iCloudを使用する」をタップし、Apple IDとパスワードを入力して、そこから先に進むだけです。

iPhoneまたはiPadでiCloudにサインインします

セットアップ中にアクティブ化しなかった場合は、後で設定アプリでアクティブ化できます。

メインページの上部(または左側の列の上部)にあるヘッドショットをタップします。これにより、サインインしているかどうかに応じて、名前や顔、または空白の顔と「[デバイス]にサインイン」という単語が表示されます。サインインしていない場合は、次のように求められます。 Apple IDとパスワード、そして場合によってはパスコードも入力します。次に、iCloudをタップして、画面の指示に従います。これで、iCloudと同期するオプションを選択できました。

同期するものを選択します

MacでiCloudをオンにする

MacブックでiCloudをオンにするには、[システム環境設定]を開き、[iCloud]をクリックします。次の画面で、Apple IDを使用してサインイン(またはサインアウト)し、Macで使用するiCloudサービスにチェックマークを付けることができます。

これは、Windows 10、Mac、iPhoneでiCloudをセットアップするのに役立ちましたか?以下のコメントでお知らせください。またお読みください 解決済み:iPhone / iPad/iPodに接続するとiTunesの不明なエラー0xE