Windows10のエラーコード0xc0000225を修正

修正エラーコード0xc0000225Windows10:このエラーは、Windowsが起動に使用されるシステムファイルを見つけることができないことを意味します。これは、起動構成データ(BCD)を示します。

修正Windowsは、構成情報が不完全または破損しているため、このハードウェアデバイスを起動できません(コード19)

修正Windowsは、構成情報が不完全または破損しているため、このハードウェアデバイスを起動できません(コード19):エラーコード19

エラーコード2755Windowsインストーラーを修正

エラーコード2755の修正Windowsインストーラー:新しいプログラムまたはソフトウェアアプリケーションをインストールしようとしたときにこのエラーが発生した場合、主な原因は次のとおりです。

Windowsストアエラーの修正サーバーがつまずいた

Windowsストアエラーの修正サーバーの障害:このエラーの主な原因は、OSファイルの破損、レジストリの無効化、ウイルスまたはマルウェア、古いまたは破損です。

PCを修理する必要があります[解決済み]

修正するPCを修復する必要がありますエラー:このエラーが表示されている場合は、ブート構成データ(BCD)が欠落しているか破損しているため、ウィンドウが破損していることを意味します。

ブート構成データファイルに必要な情報が不足している問題を修正

ブート構成データファイルに必要な情報が不足している問題を修正する:PCを起動すると、突然エラーがポップアップ表示され、「ブート構成」と表示されます。

Office365アクティベーションエラーを修正しましたサーバーに接続できませんでした

Office365アクティベーションエラーを修正するサーバーに接続できませんでしたOffice365はWindows10にプリインストールされている優れたツールですが、購入する必要があります

デバイスマネージャで不明なデバイスのドライバを検索する

デバイスマネージャで不明なデバイスのドライバを検索する:Windowsユーザーが直面する最も一般的な問題は、で不明なデバイスの適切なドライバを見つけることができないことです。

修正AdobeFlashPlayerをアップグレードする必要があります

修正AdobeFlashPlayerをアップグレードする必要があります。Flashはゲーム外の可能性がありますが、それでも一部のアプリケーションはFlashを使用しているため、問題がほとんど発生しない可能性があります。

デバイスドライバのエラーコード41を修正

デバイスドライバのエラーコード41を修正する:エラーコード41は、システムでデバイスドライバの問題が発生していることを意味し、このデバイスのステータスを確認できます

再起動して適切な起動デバイスの問題を選択する[解決済み]

再起動を修正し、適切な起動デバイスを選択する問題:このエラーは、システムファイルの破損、起動順序の誤り、またはハードディスクの障害が原因で発生します。

充電されていない状態で接続されているラップトップバッテリーを修正する7つの方法

充電されていないラップトップバッテリーを修正する7つの方法:充電器が接続されていてもラップトップが充電されないことは、多くのユーザーが抱える非常に一般的な問題です。

ウイルス対策サービスの実行可能CPU使用率が高い[解決済み]

ウイルス対策サービスの実行可能ファイルのCPU使用率が高い問題を修正:ウイルス対策サービスの実行可能ファイル(MsMpEng.exe)は、WindowsDefenderが次の目的で使用するバックグラウンドプロセスです。

ChromeのERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH[解決済み]

ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH Chromeエラーの修正:このエラーの主な原因は、PCがWebとのプライベート接続を確立できないことです。

プロキシサーバーに接続できないエラーコード130を修正

プロキシサーバーに接続できないエラーコード130を修正:エラー130(net :: ERR_PROXY_CONNECTION_FAILED)が表示された場合、これはブラウザが接続されていないことを意味します。

Chromeでネットワークにアクセスできない問題を修正(ERR_NETWORK_CHANGED)

Chromeでネットワークにアクセスできない問題を修正(ERR_NETWORK_CHANGED):この問題が発生している場合は、ネットワーク構成に問題がある可能性があります

[解決済み]サーバーのDNSアドレスが見つかりませんでしたエラー

サーバーのDNSアドレスが見つかりませんでしたエラーの修正:このエラーは、ドメインネームサーバー(DNS)がWebサイトのIPアドレスを解決できない場合に発生します。DNSルックアップ

ChromeでErr_Connection_Closedを修正

ChromeでErr_Connection_Closedを修正する:方法1:TCP / IPをリセットしてDNSをフラッシュする方法2:ブラウザのキャッシュをクリアする方法3:Google DNSを使用する方法4:Chromeを更新する

HTTPエラー304を修正しました変更されていません

HTTPエラー304の修正変更なし:エラー304は実際にはエラーではなく、単にリダイレクトを示しています。変更されていない304エラーが発生した場合は、

ChromeでERR_NAME_NOT_RESOLVEDを修正

ChromeでのERR_NAME_NOT_RESOLVEDの修正:Webサイトにアクセスしたときに、ブラウザが最初に行うことは、DNSサーバー(ドメインネームサーバー)に接続することです。これを修正するには