柔らかい

カメラのエラーコードが見つかりません0xa00f4244(0xC00DABE0)

最終更新 2022年4月17日 私たちはできる 0

エラーの取得 カメラのエラーコードが見つかりません0xa00f4244(0xC00DABE0) または、Windows 10でWebカメラ/カメラアプリを開いているときに、カメラが接続されていて別のアプリで使用されていないことを確認するために問題が発生しました。または最近のWindows10のアップグレード後Windows10がエラーコードでカメラアプリを開くことができません 0xa00f4244(0xc00dabe0) 。このエラーの一般的な原因は、ウイルス対策ソフトウェアがWebカメラまたはカメラをブロックしている可能性があります。または、Webカメラドライバーの問題である可能性があります。ドライバーが破損したり、古くなったり、現在のWindowsバージョンと互換性がなくなったりする可能性があります。修正するためのいくつかの効果的な解決策は次のとおりです。



    We can’t find your camera  . Check to make sure that it’s connected and installed properly, that it isn’t being blocked by anti-virus software, and that your camera drivers are up to date. If you need it, here’s the error code:  0xA00F4244 (0xC00DABE0)  . And some time The error code could be   0xa00f4244(0xc00d36d5).    

Windowsのカメラエラーコード0xa00f4244(0xC00DABE0)を修正

基本から始めましょう ウイルス対策、ファイアウォール、またはサードパーティを無効にして、セキュリティソフトウェアが問題を引き起こしていないことを確認します。 を右クリックするだけです システムトレイからアンチウイルスプログラムアイコンを選択し、[無効にする]を選択します。ファイアウォールを無効にするには、コントロールパネル->[システムとセキュリティ]->[Windowsファイアウォール]->左側のウィンドウペインで[Windowsファイアウォールをオンまたはオフにする]をクリックします。と 選択する Windowsファイアウォールをオフにする PCを再起動します。

また、外部USB Webカメラに接続している場合は、同じものをに接続してみてください 異なるUSBポート





[設定]->[更新とセキュリティ]->[トラブルシューティング]->[その他の問題の検索と修正]でハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行し、ハードウェアデバイスをクリックして、トラブルシューティングを実行します。障害のあるハードウェアデバイスを確認します。

Windowsに最新のアップデートがインストールされていることを確認してください。あなたはからそれらをチェックすることができます [設定]->[更新とセキュリティ]->[WindowsUpdate]->[更新の確認]。



コンピューターを開始できませんでした

アプリがパソコンのカメラを使用できるようになっていることを確認してください

以前に何らかの理由でWindowsアプリ/バックグラウンド実行アプリを無効にした場合。また、カメラへのアプリのアクセスを制限すると、 カメラエラーコード0xa00f4244(0xc00dabe0)。 アプリがパソコンのカメラにアクセスして使用できることを確認することをお勧めします。

0x00000709

[設定]->[プライバシー]を開きます左側のメニューから[ カメラ。 ここで、カメラの下にあるトグルが表示されていることを確認してください アプリにカメラハードウェアを使用させる オンになります。 [設定]を閉じ、PCを再起動して変更を保存します。



アプリにカメラハードウェアを使用させるオンにします

カメラアプリをデフォルト設定にリセット

Webカメラアプリをデフォルト設定にリセットします。カメラアプリの設定が間違っているために問題が発生した場合は、修正される可能性があります。これを行うには設定アプリを開きます。案内する アプリ >> アプリと機能。カメラアプリのエントリを探し、同じものをクリックして、詳細オプションをクリックします。 クリック リセット ボタン。確認のフライアウトが表示されたら、をクリックします。 リセット ボタンをクリックして、カメラアプリをデフォルト設定にリセットします。



Windows10カメラアプリをリセット

Webカメラドライバーをロールバックする

最近のドライバーのアップグレード後に問題が発生した場合、またはWindows 10のアップグレードでは、最初にWebカメラドライバーを以前のバージョンにロールバックすることをお勧めします。これを行うには、Windows+Rを押して次のように入力します。 devmgmt.msc、 Enterキーを押して[デバイスマネージャ]ウィンドウを開きます。次に、イメージングデバイスまたはサウンド、ビデオ、ゲームコントローラ、またはカメラを展開し、その下にWebカメラが表示されていることを確認します。

次に、Webカメラを右クリックして、 プロパティ。 に移動します 運転者 タブで、 ロールバックドライバー 、次に選択します はい 。 (一部のドライバーはロールバックオプションを提供しないことに注意してください。) はい ロールバックを続行し、プロセスが完了したらPCを再起動します。その後、カメラアプリをチェックして開き、今回はエラーなしで開始されることを願っています。

ロールバックカメラアプリドライバー

Webカメラドライバーをアンインストールし、ハードウェアの変更をスキャンします

ロールバックドライバオプションで問題が解決しない場合、またはロールバックドライバを使用できない場合。次に、更新を試み、次の手順でWebカメラ/カメラデバイスドライバーを再インストールします。

開ける デバイスマネージャ 、Webカメラを長押し(または右クリック)して、[ プロパティ 。を選択 運転者 タブで、 アンインストール >> このデバイスのドライバソフトウェアを削除します 、次に選択します わかった および再起動ウィンドウ

avast 壊れたレジストリ

Windows10でウェブカメラをアンインストールします

windows update エラーが発生しました 再試行

次のスタートで再び開きます デバイスマネージャアクション メニュー、選択 ハードウェアの変更をスキャンする 。更新されたドライバーをスキャンして再インストールするのを待ってから、PCを再起動してから、カメラアプリをもう一度開いてみてください。

それでもWebカメラが機能しない場合は、デバイスの製造元(Webカメラの製造元またはラップトップの製造元)のWebサイトにアクセスして、Webカメラで利用可能な最新のドライバーをダウンロードしてください。次に、setup.exeをダブルクリックし、画面の指示に従ってドライバーをインストールします。または、WebカメラメーカーのWebサイトでヘルプを探しています。

Windowsレジストリエディタを微調整します

また、Windowsレジストリエディタを微調整して、WindowsWebカメラの問題/エラーを修正することもできます。 Windowsキー+Rタイプを押すだけです Regedit Enterキーを押して、レジストリエディタを開きます。初め バックアップレジストリデータベース そして、次のレジストリキーに移動します。

  HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows Media FoundationPlatform  

右クリック プラットホーム 次に、 新しい>DWORD(32ビット)値。 そして、この新しいDWORDに次の名前を付けます EnableFrameServerMode 。 EnableFrameServerModeをダブルクリックして その値を0に変更します。 [OK]をクリックしてレジストリエディタを閉じ、ウィンドウを再起動して変更を有効にします。

Win10のカメラエラーを修正するためのレジストリの調整

これらは、次のようなWindows10Webカメラ関連の問題を修正するためのいくつかの最も効果的なソリューションです。 カメラのエラーコード0xa00f4244(0xC00DABE0)が見つかりません。 0xa00f4244(0xc00d36d5) など。これらのソリューションをWebカメラを通常の作業段階に戻すと確信しています。それでも、質問があれば、提案は以下のコメントでそれらについて自由に議論してください。

また、読んでください

Windows 10のスタートメニューが機能しない?これを修正するための5つの解決策があります

解決済み:このデバイスは起動できません。 (コード10)ネットワークアダプター、realtek高品位オーディオまたはUSBからシリアル

google play music 重複 アップロード