柔らかい

WiFi制限接続の問題[解決済み]

ポストする最終更新日:2021年2月17日



WiFi制限接続の問題を修正します: WiFiステータスで接続制限エラーが発生した場合は、インターネットに再度接続するまでインターネットにアクセスできません。 Wi-Fiに接続しているときにアクセスが制限されているというメッセージが表示されます。これは、ルーター/モデムに接続しているがインターネットがないか、さらに悪いことに、インターネット接続は利用できますが、システムがそれを受信できないことを意味します。

WiFiの接続が制限されている問題を修正する





制限付き接続エラーは、WiFiアダプターが無効になっていることを意味するのではなく、システムとルーターの間に通信の問題があることを意味するだけです。このネットワークに接続できるかどうかを確認するために別のPCまたはモバイルを使用します。同じネットワーク接続を使用する他のデバイスでインターネットを使用できる場合、問題はシステムのみにあります。

WiFiの制限された接続の問題を修正する20の方法



次のエラーが発生する場合があります。

この接続には、接続が制限されているか、まったくありません。インターネットにアクセスできません
接続が制限されています



したがって、システムだけがインターネットに接続できない場合は、インターネットにアクセスできないため、深刻な問題になります。接続が制限されている問題を修正するには、以下のトラブルシューティング手順に従う必要があります。

コンテンツ[ 隠れる ]



WiFi制限接続の問題[解決済み]

必ず 復元ポイントを作成する 何かがうまくいかない場合に備えて。

方法1:モデムまたはWiFiアダプターを再起動します

このエラーは、Wifiモデムまたはルーターを再起動し、インターネットへのアクセスを再試行して、WiFiの接続制限の問題を修正できるかどうかを確認することで簡単に解決できる場合があります。それでも問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

dns_probe_finished_bad_configを修正するには、[再起動]をクリックします

ルーターの管理ページにアクセスするには、デフォルトのIPアドレス、ユーザー名、およびパスワードを知っている必要があります。わからない場合は、 このリストのデフォルトルーターIPアドレス 。できない場合は、手動で行う必要があります このガイドを使用して、ルーターのIPアドレスを見つけます。

方法2:WiFiアダプターを無効にしてから再度有効にする

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します ncpa.cpl Enterキーを押します。

ncpa.cplでwifi設定を開きます

2.を右クリックします ワイヤレスアダプター を選択します 無効にします。

できるwifiを無効にする

3.もう一度同じアダプタを右クリックして、今度は [有効にする]を選択します。

WifiがIPを再割り当てできるようにします

4.を再起動し、ワイヤレスネットワークへの接続を再試行して、問題が解決したかどうかを確認します。

方法3:DNSをフラッシュしてTCP/IPをリセットする

1. Windowsボタンを右クリックして、 コマンドプロンプト(管理者)。

管理者権限を持つコマンドプロンプト

2.次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。
(a)ipconfig / release
(b)ipconfig / flushdns
(c)ipconfig / refresh

ipconfig設定

3.もう一度[管理者コマンドプロンプト]を開き、次のように入力して、それぞれの後にEnterキーを押します。

  • ipconfig / flushdns
  • nbtstat –r
  • netsh int ip reset
  • netshwinsockリセット

TCP/IPをリセットしてDNSをフラッシュします。

4.再起動して変更を適用します。 DNSのフラッシュは Windows10のWiFi制限付き接続の問題を修正します。

方法4:TCP/IP自動調整をリセットする

1. Windowsキーを右クリックして、 コマンドプロンプト(管理者)。

管理者権限を持つコマンドプロンプト

2.次のコマンドを入力します。

netsh int tcp set heuristics disabled netsh int tcp set global autotuninglevel=disabled netsh int tcp set global rss=enabled

tcpip自動チューニングにnetshコマンドを使用する

3.次に、このコマンドを入力して、以前の機能が無効になっていることを確認します。 netsh int tcp show global

4.PCを再起動します。

方法5:Windowsネットワークのトラブルシューティングを実行する

1.ネットワークアイコンを右クリックして、 問題のトラブルシューティング。

問題のトラブルシューティングネットワークアイコン

2.画面の指示に従います。

3.今プレス Windowsキー+W とタイプ トラブルシューティング 、Enterキーを押します。

コントロールパネルのトラブルシューティング

4.そこから選択 ネットワークとインターネット。

トラブルシューティングで[ネットワークとインターネット]を選択します

5.次の画面でをクリックします ネットワークアダプター。

windows10 iphone 認識 されない

ネットワークとインターネットからネットワークアダプタを選択します

6.画面の指示に従ってください 制限された接続の問題を修正します。

方法6:Wi-Fiアダプターをウェイクアップします

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します devmgmt.msc Enterキーを押します。

devmgmt.mscデバイスマネージャー

2.拡張 ネットワークアダプタ 次に、インストールされているネットワークアダプタを右クリックして、 プロパティ。

ネットワークアダプタを右クリックして、プロパティを選択します

3.に切り替えます [電力管理]タブ と確認してください チェックを外します 電力を節約するために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにしてください。

0x80070020 原因

電力を節約するために、[コンピューターがこのデバイスの電源をオフにすることを許可する]チェックボックスをオフにします

4. [OK]をクリックして、デバイスマネージャを閉じます。

5.Windowsキー+Iを押して設定を開き、次に [システム]>[電源とスリープ]をクリックします。

[電源とスリープ]で、[追加の電源設定]をクリックします

6.下部に [追加の電力設定]をクリックします。

7.今クリック プラン設定の変更 使用する電源プランの横。

プラン設定の変更

8.下部にあるをクリックします 詳細な電源設定を変更します。

詳細な電源設定を変更する

9.拡張 ワイヤレスアダプタの設定 、次に再度展開します 省エネモード。

10.次に、「Onbattery」と「Pluggedin」の2つのモードが表示されます。両方を次のように変更します。 最高性能。

On battery andPluggedinオプションをMaximumPerformanceに設定します

11. [適用]、[OK]の順にクリックします。 PCを再起動して、変更を保存します。これはWiFi制限接続の問題を解決するのに役立ちますが、これが機能しない場合に試す方法は他にもあります。

方法7:従量制接続を介したダウンロードを有効にする

1.Windowsキーを押してからクリックします デバイス。

2.左側のメニューから確認してください プリンターとスキャナー が選択されています。

3.今有効にします 従量制接続を介してダウンロード スイッチを切り替えることによって。

従量制接続を介したダウンロードを有効にする

4. PCを再起動して、変更を保存します。

方法8:GoogleDNSを使用する

1.コントロールパネルを開き、[ネットワークとインターネット]をクリックします。

2.次に、をクリックします ネットワークと共有センター 次に、をクリックします アダプター設定を変更する。

アダプター設定を変更する

3. Wi-Fiを選択し、ダブルクリックして選択します プロパティ。

Wifiプロパティ

4.今選択 インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4) [プロパティ]をクリックします。

インターネットプロトコルバージョン4(TCP IPv4)

5.チェックマーク 次のDNSサーバーアドレスを使用します 次のように入力します。

優先DNSサーバー:8.8.8.8
代替DNSサーバー:8.8.4.4

IPv4設定で次のDNSサーバーアドレスを使用する

6.すべてを閉じると、できる場合があります WiFi制限接続の問題を修正します。

方法9:IPv6を無効にする

1.システムトレイのWiFiアイコンを右クリックし、をクリックします オープンネットワークと共有センター。

オープンネットワークと共有センター

2.次に、現在の接続をクリックして開きます 設定。
注:ネットワークに接続できない場合は、イーサネットケーブルを使用して接続し、次の手順に従います。

3.クリック プロパティボタン 開いたばかりのウィンドウで。

Wi-Fi接続のプロパティ

4.必ず インターネットプロトコルバージョン6(TCP / IP)のチェックを外します。

インターネットプロトコルバージョン6(TCP IPv6)のチェックを外します

5. [OK]をクリックし、[閉じる]をクリックします。 PCを再起動して、変更を保存します。これでWiFiの接続制限の問題が解決し、インターネットに再びアクセスできるようになりますが、それでも問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

方法10:プロキシオプションのチェックを外します

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します inetcpl.cpl Enterキーを押して開きます インターネットプロパティ。

inetcpl.cplでインターネットプロパティを開きます

2.次に、 [接続]タブ LAN設定を選択します。

インターネットプロパティウィンドウのLAN設定

3. [LANにプロキシサーバーを使用する]のチェックを外し、次のことを確認します 設定を自動的に検出 チェックされます。

LANにプロキシサーバーを使用するのチェックを外します

4. [OK]をクリックし、[適用]をクリックしてPCを再起動します。

方法11:ネットワークアダプタをアンインストールします

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します devmgmt.msc Enterキーを押して、デバイスマネージャを開きます。

devmgmt.mscデバイスマネージャー

2.ネットワークアダプタを拡張して見つけます ネットワークアダプタ名。

3.確認してください アダプター名を書き留めます 何かがうまくいかない場合に備えて。

4.ネットワークアダプタを右クリックしてアンインストールします。

ネットワークアダプタをアンインストールします

5.確認を求められた場合 [はい]を選択します。

6. PCを再起動し、ネットワークへの再接続を試みます。

7.ネットワークに接続できない場合は、 ドライバーソフトウェア 自動的にインストールされません。

8.次に、製造元のWebサイトにアクセスして ドライバーをダウンロードする そこから。

メーカーからドライバーをダウンロード

9.ドライバをインストールし、PCを再起動します。

ネットワークアダプタを再インストールすることで、このWiFi制限付き接続の問題を取り除くことができます。

方法12:WiFiドライバーを更新する

1.Windowsキー+Rを押して、 devmgmt.msc [実行]ダイアログボックスで開きます デバイスマネージャ。

devmgmt.mscデバイスマネージャー

2.拡張 ネットワークアダプタ 、次に右クリックします Wi-Fiコントローラー (たとえば、BroadcomまたはIntel)そして選択します ドライバーを更新します。

ネットワークアダプタを右クリックしてドライバを更新します

3. [ドライバーソフトウェアの更新]ウィンドウで、[ コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを探します。

コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを探す

4.今選択 コンピューター上のデバイスドライバーのリストから選択します。

コンピューター上のデバイスドライバーのリストから選択します

5.してみてください リストされたバージョンからドライバーを更新します。

6.上記が機能しなかった場合は、 メーカーのウェブサイト ドライバーを更新するには: https://downloadcenter.intel.com/

7。 リブート 変更を適用します。

方法13:WiFiSenseを無効にする

1.Windowsキー+Iを押して設定を開き、をクリックします ネットワークとインターネット。

ネットワークとインターネットの設定

2.次にクリックします Wi-Fi 左側のペインウィンドウで、 Wi-FiSenseですべてを無効にする 右のウィンドウで。

Wi-Fi Senseを無効にし、その下でHotspot2.0ネットワークと有料Wi-Fiサービスを無効にします。

3.また、必ず無効にしてください ホットスポット2.0ネットワークと有料Wi-Fiサービス。

4. Wi-Fi接続を切断してから、再接続を再試行します。あなたができるかどうかを確認してください Windows10のWiFi制限付き接続の問題を修正します。

方法14:Bitdefenderファイアウォール設定(またはアンチウイルスファイアウォール)を変更する

1. Bitdefender Internet Securityの設定を開き、を選択します ファイアウォール。

2.をクリックします 高度な設定 ボタン。

3.それを確認してください インターネット接続の共有を有効にする チェックされます。
ノート: 上記の設定がない場合は、無効にしてください インターネット接続の共有をブロックする 上記の代わりに。

4.[OK]ボタンをクリックして変更を保存します。

5.それでも機能しない場合は、ウイルス対策ファイアウォールを無効にしてみてください。 Windowsファイアウォールを有効にします。

最大の人のためにファイアウォール設定を変更すると、 制限された接続の問題 しかし、うまくいかなかったとしても、まだまだ長い道のりがあるという希望を失うことはありません。次の方法に従ってください。

方法15:アダプター設定を変更する

1. Bitdefenderを開き、[ 保護モジュール をクリックします ファイアウォール機能。

2.ファイアウォールがオンになっていることを確認してから、 [アダプタ]タブ 次の変更を実行します。

Set Network type to 'Home/Office' Set Stealth Mode to 'Off' Set Generic to 'On'

ビットディフェンダーの[アダプター]タブ

3. PCを再起動してこれらの変更を適用し、 制限された接続の問題 解決されるかどうか。

方法16:ローミングの攻撃性を最大に設定する

1.右クリック ネットワークアイコン を選択します 開ける ネットワークと共有センター。

オープンネットワークと共有センター

app setup files 削除

2.次に、 Wi-Fi をクリックします プロパティ。

Wi-Fiプロパティ

3.Wi-Fiプロパティ内をクリックします 構成、設定。

ワイヤレスネットワークを構成する

4.に移動します [詳細設定]タブ 見つけて ローミング攻撃性 設定。

高度なプロパティwifiでのローミング攻撃性

5.値をから変更します 中から最高 [OK]をクリックします。

ローミング攻撃性の最高値

6.6。 リブート 変更を適用します。

方法17:インテルPROSet/ワイヤレスWiFi接続ユーティリティを無効にする

1.Windowsキー+Xを押してから、 コントロールパネル。

コントロールパネル

2.次にクリックします ネットワークとインターネット >> ネットワークステータスとタスクを表示します。

[ネットワークとインターネット]をクリックし、[ネットワークステータスとタスクの表示]をクリックします

3.左下隅にあるをクリックします インテルPROset/ワイヤレスツール。

4.次に、Intel WiFiホットスポットアシスタントで設定を開き、チェックを外します インテルホットスポットアシスタントを有効にします。

Intel WiFiHotspotAssistantでIntelHotspotAssistantを有効にするのチェックを外します

5. [OK]をクリックして、PCを再起動して WiFi制限接続の問題を修正します。

方法18:Wlansvcファイルを削除する

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します services.msc Enterキーを押します。

2.見つかるまで下にスクロールします WWAN AutoConfig 次に、それを右クリックして[停止]を選択します。

WWAN AutoConfigを右クリックして、[停止]を選択します

3.もう一度Windowsキー+Rを押して、次のように入力します C: ProgramData Microsoft Wlansvc (引用符なしで)Enterキーを押します。

4.内のすべて(おそらくMigrationDataフォルダー)を削除します Wlansvcフォルダを除く プロファイル。

5.次に、プロファイルフォルダを開き、 インターフェース。

6.同様に、開く インターフェース 次に、フォルダ内のすべてを削除します。

interfacesフォルダー内のすべてを削除します

7.ファイルエクスプローラーを閉じ、サービスウィンドウで右クリックします WLAN AutoConfig を選択します 始める。

方法19:WiFiネットワークを忘れる

1.システムトレイのワイヤレスアイコンをクリックしてから、 ネットワーク設定。

WiFiウィンドウで[ネットワーク設定]をクリックします

2.次にクリックします 既知のネットワークを管理する 保存されたネットワークのリストを取得します。

[WiFi設定で既知のネットワークを管理する]をクリックします

nbtstat ホストが見つかりませんでした

3.次に、Windows10がパスワードを記憶しないものを選択します。 [忘れる]をクリックします。

Windows10が勝った1つのネットワークを忘れたをクリックします

4.もう一度クリックします ワイヤレスアイコン システムトレイでネットワークに接続すると、パスワードの入力を求められるので、ワイヤレスパスワードを持っていることを確認してください。

ワイヤレスネットワークのパスワードを入力します

5.パスワードを入力すると、ネットワークに接続し、Windowsがこのネットワークを保存します。

6. PCを再起動して、同じネットワークへの接続を再試行します。今回は、WindowsがWiFiのパスワードを記憶します。この方法は Windows10でのWiFi制限付き接続の問題を修正

方法20:ホームネットワークをパブリックではなくプライベートとしてマークする

1.のWi-Fiアイコンをクリックします システムトレイ。

2.次に、接続されているものをもう一度クリックします Wi-Fiネットワーク サブメニューを引き出すために [プロパティ]をクリックします。

接続されたWiFiネットワークの下のプロパティをクリックします

3.下 このPCを検出可能にする スライダーをに切り替えます オン。

WiFi設定でこのPCを検出可能なスライダーをオンに設定します

4.上記がうまくいかなかった場合は、次のように入力します ホームグループ Windowsサーチバーで。

WindowsSearchで[ホームグループ]をクリックします

5.オプションをクリックします HomeGroup 次にクリックします ネットワークの場所を変更します。

[ネットワークの場所を変更]をクリックします

6.次に、をクリックします はい、このネットワークをプライベートネットワークにします。

このネットワークをプライベートネットワークにするには、[はい]をクリックします

7.システムトレイのWi-Fiアイコンを右クリックして、[ オープンネットワークと共有センター。

オープンネットワークと共有センター

8.リストされているネットワークを確認します プライベートネットワークとして表示 次にウィンドウを閉じれば完了です。

WiFiをプライベートネットワークに変更して、Windows10でWiFiが切断され続ける問題を修正します

あなたにおすすめ:

成功したのはそれだけです Windows10でのWiFi制限付き接続の問題を修正 この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションでお気軽に質問してください。

アディティアファラッド

Adityaは、自発的な情報技術の専門家であり、過去7年間テクニカルライターを務めています。彼は、インターネットサービス、モバイル、Windows、ソフトウェア、およびハウツーガイドをカバーしています。