柔らかい

Windows10で失敗したログイン試行の数を制限する

ポストする最終更新日:2021年2月17日



μtorrent 終了できない

Windows10で失敗したログイン試行の数を制限します。 許可されていないユーザーがシステムにアクセスするのを防ぐためにWindows10のロック画面にパスワードを設定した場合、攻撃者はブルートフォースを使用してパスワードを解読できるため、PCは依然として攻撃者に対して脆弱である可能性があります。これを防ぐために、Windows 10には、PCへのログイン試行の失敗回数を制限する方法が用意されており、アカウントロケットの期間を設定することもできます。

参照されているアカウントは現在ロックアウトされており、次の場所にログオンできない可能性があります。





Windows10で失敗したログイン試行の数を制限する

現在、ローカルセキュリティポリシーまたはコマンドプロンプトを介して上記の設定をカスタマイズする方法は2つあります。残念ながら、Windows 10 Homeユーザーは、グループポリシーエディターがないため、コマンドプロンプトしか使用できません。したがって、時間を無駄にすることなく、以下のガイドを使用して、Windows10で失敗したログイン試行の数を制限する方法を見てみましょう。



コンテンツ[ 隠れる ]

Windows10で失敗したログイン試行の数を制限する

必ず 復元ポイントを作成する 何かがうまくいかない場合に備えて。



方法1:ローカルセキュリティポリシーを介して失敗したログイン試行の数を制限する

ノート: この方法は Windows 10HomeEditionユーザー 、方法2に進んでください。

1.Windowsキー+Rを押して、次のように入力します secpol.msc Enterキーを押して、ローカルセキュリティポリシーを開きます。



ローカルセキュリティポリシーを開くためのSecpol

2.次のパスに移動します。

セキュリティ設定>アカウントポリシー>アカウントロックアウトポリシー

アカウントロックアウトポリシー

3.必ず選択してください アカウントロックアウトポリシー 次に、右側のウィンドウペインに、次の3つのポリシー設定が表示されます。

アカウントのロックアウト期間
アカウントロックアウトのしきい値
後にアカウントロックアウトカウンターをリセットする

4.先に進む前に、まず3つのポリシー設定すべてを理解しましょう。

アカウントのロックアウト期間: アカウントロックアウト期間ポリシー設定は、ロックアウトされたアカウントが自動的にロック解除される前にロックアウトされたままになる分数を決定します。使用可能な範囲は1〜99,999分です。値0は、管理者が明示的にロックを解除するまでアカウントがロックアウトされることを指定します。アカウントロックアウトのしきい値がゼロより大きい数値に設定されている場合、アカウントロックアウト期間は、後でアカウントロックアウトカウンターをリセットする値以上である必要があります。

アカウントロックアウトのしきい値: アカウントロックアウトしきい値ポリシー設定は、ユーザーアカウントがロックされる原因となる試行で失敗したログインの数を決定します。ロックされたアカウントは、リセットするか、アカウントのロックアウト期間ポリシー設定で指定された分数が期限切れになるまで使用できません。サインインに失敗した1〜999回の値を設定するか、値を0に設定して、アカウントがロックされないように指定できます。アカウントのロックアウトしきい値がゼロより大きい数値に設定されている場合、アカウントのロックアウト期間は次のようになります。後のアカウントロックアウトカウンタのリセットの値以上である必要があります。

次の後にアカウントロックアウトカウンターをリセットします。 ポリシー設定後の[アカウントロックアウトカウンターのリセット]は、ユーザーがログオンに失敗してから、失敗したログオン試行カウンターが0にリセットされるまでに経過する必要のある分数を決定します。アカウントロックアウトしきい値がゼロより大きい数値に設定されている場合、リセット時間は、アカウントのロックアウト期間の値以下である必要があります。

5.次にダブルクリックします アカウントロックアウトしきい値ポリシー の値を変更します アカウントはロックアウトされません0から999までの値 [OK]をクリックします。たとえば、この場合、この設定を3に設定します。

アカウントロックアウトしきい値ポリシーをダブルクリックし、アカウントの値を変更してもロックアウトされません

ノート: デフォルト値は0です。これは、ログインに失敗した回数に関係なく、アカウントがロックアウトされないことを意味します。

6.次に、アカウントロックアウトしきい値の値が3回の無効なログオン試行であるため、次の項目の設定が推奨値に変更されるというプロンプトが表示されます:アカウントロックアウト期間(30分)およびアカウントロックアウトカウンターのリセット30分後)。

アカウントのロックアウトしきい値を変更する

ノート: デフォルト設定は30分です。

7.プロンプトで[OK]をクリックしますが、それでもこれらの設定を変更する場合は、個別にダブルクリックします。 アカウントロックアウト期間またはアカウントロックアウトカウンターのリセット後 設定。次に、それに応じて値を変更しますが、上記の値よりも大きいか小さい必要がある必要な数に注意してください。

8.すべてを閉じてから、PCを再起動して変更を保存します。

これがあなたのやり方です グループポリシーエディターを使用して、Windows10で失敗したログイン試行の数を制限する ただし、Windows 10 Home Editionを使用している場合は、その方法に従ってください。

方法2:コマンドプロンプトを使用して失敗したログイン試行の数を制限する

1.Windowsキー+Xを押してから、 コマンドプロンプト(管理者)。

管理者権限を持つコマンドプロンプト

2.次のコマンドをcmdに入力し、Enterキーを押します。

ネットアカウント/lockoutthreshold:Value

コマンドプロンプトを使用してロックアウトアカウントのしきい値を変更する

ノート: アカウントがロックされるまでに失敗したログイン試行回数については、Valueを0〜999の数値に置き換えてください。デフォルト値は0です。これは、ログインに失敗した回数に関係なく、アカウントがロックアウトされないことを意味します。

ネットアカウント/lockoutwindow:Value

コマンドプロンプトを使用してアカウントのロックアウト期間を設定する

ノート: ログオン試行失敗カウンターが0にリセットされる前に、ユーザーがログオンに失敗してから経過する必要がある分数については、値を1〜99999の数値に置き換えます。アカウントのロックアウト期間は、の値以上である必要があります。後でアカウントロックアウトカウンターをリセットします。デフォルト値は30分です。

ネットアカウント/lockoutduration:Value

コマンドプロンプトを使用した後、アカウントロックアウトカウンターをリセットする値を設定します

ノート: 値を0(なし)から99999までの数値に置き換えて、ロックアウトされたローカルアカウントが自動的にロック解除される前にロックアウトされたままにする時間を確保します。アカウントのロックアウト期間は、後のアカウントロックアウトカウンターのリセットの値以上である必要があります。デフォルト設定は30分です。 0分に設定すると、管理者が明示的にロックを解除するまでアカウントがロックアウトされることを指定します。

3.コマンドプロンプトを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

おすすめされた:

成功したのはそれだけです Windows10で失敗したログイン試行の数を制限する ただし、このチュートリアルに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

アディティアファラッド

Adityaは、自発的な情報技術の専門家であり、過去7年間テクニカルライターを務めています。彼は、インターネットサービス、モバイル、Windows、ソフトウェア、およびハウツーガイドをカバーしています。

steam オーバーレイ 開かない